チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

機動戦士ガンダムSEED DESTINY FINAL

機動戦士ガンダムSEED DESTINY FINAL

最終決戦からしばらく、シンとルナマリアは太平洋の島国で暮らしていた。
しかし、シンは抜け殻状態。ルナマリアはそんなシンが帰ってくると信じて、日々を生きていた。
そんなある日、シンは近所のおばあさんに一喝される。それがきっかけ。世界の運命は動き出した。

種運命の本編アフター。
ラクス達がプラント運営に携わり、大西洋連邦は大戦の傷跡で身動き取れず。
世界に戦争の種火はくすぶっていて、小規模の紛争が多発していた。
あるきっかけでシンたちは日本へ赴く。
そこで地球の現状とそれを変えようとしている人たちと出会うのだ。

本編でひたすらに空気な日本が出てくる。
各ガンダム作品のパロディも結構出てきていて、にやっとできる場面も。
全7話で完結している。一話の文量が多いタイプの作品。

この作品最大の特徴が日本賛美。
作品掲載している場所が結構右翼。よってこの作品もソコソコ右翼的。
簡単に言えば歴史賛美。自虐史観からの脱出。

こういう視点もあるんだなって感じで読めば、大体の人は問題ないはず。
関連記事
[ 2012/08/07 21:00 ] 二次作品 ガンダム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク