チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

アグレッシブな本屋ちゃんは嫌いですか?

アグレッシブな本屋ちゃんは嫌いですか?

“置いていかれたくない”少女のその思いがこの物語の始まりだ。

異常こそが正常なこの学園で。
けれど少女はあまりにも普通だった。

だからこそ、こんなことになったのだろうか……?

題名通りの本屋ちゃんがアグレッシブになった再構成。
強い渇望は世界をねじ曲げる。それはもうもうひとりの自分。
その力は使い手を引き寄せる。

スタンドに覚醒したのどかが日常を守るために戦う話。
関連記事
[ 2013/02/27 21:00 ] 二次作品 ネギま! | TB(0) | CM(3)
いよいよ一つの時代が終わるのか
こんにちわ、自分は数日間風邪でダウンしておりました。
その間に長編が何作も終わりを迎える兆しを迎えていたようで、
嬉しいやら寂しいやら。

全知全能スレがめでたく完結し、打ち切り症候群から脱したと判断された
作者さんが過去作をカミングアウトなさってますね。
知識の専門的深さから怪しいなと睨んでいましたが、やはり新城法然の人だったようでw
次回作候補も何作か用意されているようなので、楽しみです。

そして今夜、やらない夫MMスレが徹夜覚悟でエンディングまで突っ走ることを宣言されております。
ラストバトルとその後の大筋についてはまぁともかく、あの膨大なキャラたちを一夜で裁けるとも思えないので
ある程度カットされてしまうのかなという懸念もありますが、
いよいよやらない夫と彼のモンスターたちの戦いが終わるのだなと思うと、感慨もひとしおですねぇ。
一つの時代が終わる、そういう区切りのときがきたのかなという感じがします。
[ 2013/02/28 11:24 ] [ 編集 ]
一つ紹介~
つらつらと巡回していたら、個人的にヒットした作品があったのでご紹介

やる夫ヒロイン板「エン女医なのは先生」
「やる夫エッセンシャル」さんと「やる夫さんまとめ」さんで纏められています。

元ネタは「エン女医あきら先生」という四コマ漫画。
色々と残念な外科医なのはさんと、あきれながら姉の世話をする看護師シュテル。
なのはさんを慕っているのがバレバレながら、本人にだけは気がつかれない本作ヒロインのユーノくんを中心にした医療現場物。
縛種桃源郷さんが一番ピンとくる説明の仕方は
「技術屋のなのはさん」と同系統の作品といえば大体空気をつかめるのではないでしょうか。
(いつか教えようと思ったら、先に紹介されてしまったうぎぎ)
[ 2013/02/28 11:35 ] [ 編集 ]
Re: 一つ紹介~
おお、紹介ありがとうございます。
コレは面白そうですね、ぜひ読んでみたいと思います。
[ 2013/02/28 15:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク