FC2ブログ

チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

雪風と風の旅人

雪風と風の旅人

藤崎竜版「封神演義」とゼロの使い魔とのクロス作品。

新級の係った使い魔召喚の日。ありえないことが起こった。
成績優秀な生徒が人間を呼び出す前代未聞の出来事。
呼び出された少年、呼び出した少女。ありえぬ出会いは脚本を狂わせる。

太公望がタバサに召喚される作品。
仙人なので色々と規格外の彼だが、むやみに力を使わず頭を使って動いていく。
最大の見せ場がアルビオン。7万を相手に味方極少数。彼の智謀が光る。

ラ・ヴァリエール公やオールド・オスマンといったサブキャラの存在感も凄い。
歴史的キーパーソンとなった公爵やハルケギニアの長老とでも言うべきオールド・オスマン。
他にもイザベラの強化や導かれて綺麗になったワルド子爵など、原作キャラの魔改造も外せない。

丁寧に描写されているので、違和感がない。
かと言って中だるみすることもない。いい具合に脇道にそれたり、本筋に戻ったり。
作品としての完成度がめちゃくちゃ高い。

クロス元の封神演技を知らなくても、普通に読める。
情報の出し方が上手なので、読んでいて理解出来て読みやすい。

太公望という名前は大体の人が聞いたことあるはず。
凄まじく頭のキレるぐうたら大好きの仙人様。
己が理想の実現目指し暗躍する彼がハルケギニアにどう影響を与えるのか。

個人的ゼロ魔傑作選の一つ。
関連記事
[ 2013/03/11 21:00 ] 二次作品 ゼロの使い魔 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク