チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

そろもん

そろもん

特に隠してはいないが、俺には超能力のようなものがある。
その辺の動物や道具なんかと意思の疎通ができるのだ。
というか普通に会話できる。

これがまた困った能力で、生活しにくいことこの上ない。
何しろ道具を道具として使えないし、迂闊に虫も殺せない。
しかも他の人間の目がない時なんか道具が勝手に動くこともある。
これが一番厄介だ。

道具の機嫌を取りながらの生活というものは非常に疲れるし、情けなくなってくる。
しかしまぁ、逆にうまく機嫌さえ取れれば結構役に立つこともある。

……これはそんな俺の道具や動物のご機嫌をとったり、おだてたりの日々の記録である……。

すべてのものと会話できる存在、つくものがたり。
彼と彼の周りの道具たちによる日常話。
基本的に一話完結、稀に続く。

さくっと読めるのがソコソコの量である。
電車とかバスとか授業の合間とか、そんな時に読むのをおすすめしたい作品。
関連記事
[ 2013/05/29 21:00 ] 現実 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク