チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所

健介君は一般生徒です。

健介君は一般生徒です。

ナギの息子から血を奪うべく力をためていたら、凄腕の魔法生徒と出会った。
ふざけた言動でこちらのペースを的確に崩してくる。
従者をけしかけてもあっさりとかわされた。こいつは一体何なんだ。

しかし、本人には全くその気はなかったのです。
全部幸運と勘違いの産物なのです。
本人は何も知らずに逃げ惑うばかり。しかし、勘違いは加速していく。

ネギま!の二次作品。
かなり昔からある勘違い物。
更新はもうないと思っていたけど、忘れた頃にしていた模様。
[ 2013/12/27 21:00 ] 二次作品 ネギま! | TB(0) | CM(0)

俺と日記

俺と日記

前世の記憶を持ったまま生まれ直して、成人を迎えた。
中高生の頃はなにか起きるかと少し楽しみにしていたが何も起こらず。
もう自分が巻き込まれることもないだろ。安心して新天地で新しい生活を始めよう。

ただし、赴任した先がびっくりどっきり人間大集合の麻帆良学園都市だったのです。
何故か途中から海鳴市との関わりも発覚。
彼は無自覚にいろんな場所を引っ掻き回していく。

日記形式のネギま!の二次作品。
途中からリリカルなのはとのクロス。ただし、本編には全く関わらない。
完結していてさっくり読める文量。
[ 2013/12/20 21:00 ] 二次作品 ネギま! | TB(0) | CM(0)

リリカルなデバイスを流行らせる方法をそれなりに考えてみた

リリカルなデバイスを流行らせる方法をそれなりに考えてみた

魔女と出会い文字通り見ている世界が変わった彼女。
弟子入りして魔女に聞く。もっと安全に派手な魔法を使って相手を倒せないか?
師匠にその質問をしてもらった答えこそが、新技術の幕開けであった。

ネギま!の世界で非殺傷魔法とデバイスをどうすればスタンダードにできるか。
膨大な年月を重ね、世代を重ねながら研磨され洗礼されていく。
地球と魔法世界に別れたり、技術者が日本に流れ着いて魔改造されたり。

この話の大きな特徴として、各話の年代が違うということ。
基本的に登場人物たちの名前が出てこない。
そのせいで特に3代目と4代目のあたりが読みにくい。

ネギま!とリリカルなのはの設定面でのクロスオーバー。
どういう形で技術が完成するのか、結末を楽しみにしている作品。
[ 2013/09/20 07:30 ] 二次作品 ネギま! | TB(0) | CM(0)

このよすべてのきらわれもの

このよすべてのきらわれもの

多数の学校と膨大な数の学生を内包する麻帆良学園都市。
多くの人がいるならそれ以上の数の悩みが存在する。
それを解決する側の一人に言峰綺礼の名前が。

悩み多き思春期の少女たちを導く聖職者。
魔道具の力を借りつつも、一対一で話し合う。
その結果嫌われても構わない。

麻帆良の地で言峰綺礼が頑張る話。
基本的に対面で話した生徒には嫌われる。
結果的に見ればいい方に行くのだが、やっぱり言峰綺麗。
[ 2013/07/16 21:00 ] 二次作品 ネギま! | TB(0) | CM(0)

千雨と蟻と小銃と

千雨と蟻と小銃と

魔法使いたちが拠点としている学園都市、麻帆良。
その中で生活する長谷川千雨もその業を継承する一人。
しかし、彼女はそれを周りに知らせてはいなかった。

使い魔の蟻と魔法生物の拳銃。
千雨自身もかなりの実力の魔法使い。彼女のスタンスは型月のそれに近い。
なぜか迫り来る危機に文句を言いながらも解決していく。

非常に熱い作品。
本編パートと独自パートがある。
オリキャラも多いが、本編キャラは概ね原作のまま。

蟻の使い魔が可愛く、トラブルメーカー。
もう一人に主人公といえる彼女の活躍にも注目。
[ 2013/04/14 21:00 ] 二次作品 ネギま! | TB(0) | CM(0)

アグレッシブな本屋ちゃんは嫌いですか?

アグレッシブな本屋ちゃんは嫌いですか?

“置いていかれたくない”少女のその思いがこの物語の始まりだ。

異常こそが正常なこの学園で。
けれど少女はあまりにも普通だった。

だからこそ、こんなことになったのだろうか……?

題名通りの本屋ちゃんがアグレッシブになった再構成。
強い渇望は世界をねじ曲げる。それはもうもうひとりの自分。
その力は使い手を引き寄せる。

スタンドに覚醒したのどかが日常を守るために戦う話。
[ 2013/02/27 21:00 ] 二次作品 ネギま! | TB(0) | CM(3)

殲滅の時

殲滅の時

異端狩りの彼等の下に、一つの情報が舞い込む。
それは稀代の吸血鬼『闇の福音』の所在を示すものだった――
平穏の時は終わりを告げ、此処に狩猟笛が鳴り響く。
全ては――――殲滅の愉悦の中へ……

外に漏れた闇の福音の生存。
よりによってバレたのがイスカリオテ。
当然のごとく麻帆良に進出してきたアンデルセン神父。

その闘争の空気は麻帆良によって守られていたネギ達にとって劇薬。
感化されるエヴァンジェリン。政治的に決着を図る学園長。
一切話を聞かないイスカリオテ。
混迷する状況にネギ達はいったいどう動くのか。

昼間は温和な神父様。夜は立派な狂信者。
アンデルセン神父が麻帆良に着任しました。

ネギま!とHELLSINGのクロスオーバー。
かつての複数投稿禁止の規約に触れていたために更新停止中。
[ 2013/01/30 21:00 ] 二次作品 ネギま! | TB(0) | CM(0)
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク